ボホール島バリカサグ・ダイビングならココ

頑張れバックパッカー諸君!最安値でアロナビーチまでやってこい

ようこそ!バックパッカー諸君!
ケチケチ旅行頑張ってるかい?

 

nimosan
では早速、どうやってボホール島・アロナビーチまで最安値で
たどり着けるか知りたいだろ〜?
可愛いあつこさんが教えてしんぜよう。

 

nimosan

まずは、もちろん日本からの飛行機を乗り継いでマニラもしくはセブまで来なされ。

 

もうバックパッカー諸君ならLCCなんて物は知ってると思うけど一応
優しいあつこさんが教えてあげよう。

 

日本からマニラに飛んでるLCCは現在この2便。
nimosanセブパシフィック
nimosanジェットスター

 

nimosan日本からセブに飛んでるLCCは今のところセブパシフィックのみ。

 

意外と早い時期に購入するのであればフィリピンエアラインも実は安かったりするので
お暇な人は毎日チェックしてみるのも良いかも。

 

もちろんバックパッカーたる者荷物は機内持ち込みにするべし!
追加料金かかっちゃうよ〜。どうしても預け荷物になる人は
チケットを購入する際に必ず追加預け荷物の重量を選んでおいてね。
じゃないとすごい追加料金を払うハメになっちゃうよぉ。大変大変!

 

 

マニラからは船か飛行機どっちがお得?

 

ではではまずはマニラからどうやって来ると安いかって話でしたね〜。

 

nimosan旅の醍醐味は楽しい船旅行〜〜。

 

と思ってる諸君はこの2GO
って言う船に乗れば安くても豪華な旅行ができるのである。
意外と豪華なんだけど・・・・安値ではないのが問題。
一番下のクラスの部屋でも1800ペソ。むむむ、良い値段します。
更には1日半かかります。とっても長旅ですね〜。

nimosan

部屋は綺麗です。

 

 

オススメしてるのはマニラからの場合はタグビララン空港まで
飛行機で来ることをオススメしますよぉ。
もちろん船旅が大好きです!って言う諸君は船で来るのものありです。

 

国内線だとエアーアジアもありますから
安い国内線を見つける事ができると思います。

 

 

セブからはどうやって行こうかな〜

 

そうそう、セブからの行き方でしたね。
セブからはもちろん高速ジェットでタグビラランの港まできてくださいね。
高速の会社は3つほどあります。
お正月や何かのお休みじゃない限りチケットが売り切れる事はないので当日購入でもOKですよ。
意外と出発ギリギリまでチケット販売してるので間に合わないと思ってもダーーッシュ!
すると乗れたりしますw
これは運ですけど。

 

現在はどの船も乗り場は一緒です。
お勧めしてる船会社はオーシャンジェット

 

ここは便数が多いので当日キャンセルも特にありません。
時間表は⇒ココから
 
帰りの日にちが決まってる人は往復チケットを買っておきましょう。
そっちの方が100ペソ安いです。

オフシーズンはジェット船を使うことはあまりオススメしません。
なぜなら天候によっては全便キャンセルになります。
帰れな〜〜い!なんてことになりますので。
オフスーズンは6月〜10月言われてますが毎日お天気が悪いという事ではないです。

 

 

よし!無事にタグビビラランに着いたさてどうしよ?

 

nimosan

 

通常ならばタクシーもしくはトライシクルでアロナビーチを目指しましょう!って言うところですが!
nimosan
タクシーだと500ペソ、トライシクルだと250ペソ〜ぼられて400ペソなんて事になります。
そこはバックパッカー諸君には痛い出費ですよね。
で、裏技。
すっごく面倒くさい移動が問題ない諸君にはこの方法を教えちゃいます。
上手に行けば、35ペソでアロナビーチまで来ることができますよ〜。

 

まずは空港、もしくは港に着いたら、ちょっとだけ歩いて普通の道まで出ましょう。
そこからトライシクルニ乗って「ジプニーターミナル、パングラオ行き」と言えば8ペソ〜10ペソで
連れて行ってくれます。まぁぼられたとしても20ペソくらです。

 

nimosan
そこからジプニーに乗りますが、行き先が全部違うので気をつけてね。
諸君たちが目指すのはアロナビーチです!
「タワラ」もしくは「アロナビーチ」と言えば、おっちゃん達が教えてくれますよ。
大きい荷物を持ってる人はジプニーの屋根の上に荷物を乗せてもらいましょう。
車内はギュギュウのすし詰め状態になる場合があるので荷物を持って乗ると邪魔ですよ〜〜。

 

さぁ、ギュウギュウになってから出発です。
うまく行けば30分〜40分でアロナビーチへ到着しま〜〜す!
支払いは降りるときや走ってる途中で回収していきますので25ペソだけ渡して降りてくださいね。
大きいお金(500ペソ以上)はお釣りがないのでなるべく小さいお金(オレンジ色の20ペソ)を持っておくと良いですよ。
空港などで両替する時に小さいお札も貰うようにしてくださいね。
遠慮せずに、お願いしましょう。

 

 

イェ〜〜イ!アロナビーチ到着〜〜!
ボホール島を思う存分堪能してください!

 

 

セブからの高速船は空調が真冬のようにすごいので、ジャケットやロングパンツを用意 することをオススメします。極寒です。